首都圏にあるアドレナリン中毒者向け体験型アドベンチャー

日本の首都東京は、高層ビルが林立する都市景観で国際的に知られています。その一方で、素晴らしい料理から最新のファッショントレンドに至るまで、国内外の観光客に豊富な観光体験を提供できる都市でもあります。

そして、東京を中心とした首都圏やその周辺は、アドレナリン中毒者すらをも退屈させないスリルに満ちた体験型アドベンチャーの宝庫なのです。

流鏑馬と呼ばれる騎射

 流鏑馬は800年の歴史を持ち、現在でも競技として存在し、武田流と小笠原流の二つの流派が活動しています。

 それぞれ、流派では、始祖の時代からずっと変らずに、疾走する馬に乗って的を弓矢で射るために弓射と騎馬を訓練します。この騎射の技術は競技として鎌倉時代に武士の鍛錬の一環となりました。騎乗の武士となるには何年ものトレーニングが必要となるため、まずは見学から始める事をおすすめします。

竜神バンジー

 橋から飛び降りることは究極のアドレナリン奔出体験です。そして、東京周辺にはバンジージャンプに適した高い橋がふんだんに有るのです。東京から車で2時間の茨城県にもそうした橋があります。

 有名な竜神バンジーでは、竜神大吊橋という日本最長クラスの歩行者専用の橋から100m落下します。体験後には証明書を貰えるので、帰宅後に家族や友人たちに是非自慢しましょう。バンジージャンプ後にアドレナリンを抑えて落ち着きたいということでしたら、茨城県内でのハイキングや竜神大吊橋の近くにある武生神社を訪れてみることをおすすめします。

奥多摩のリバーラフティング

 東京都の西部の奥多摩町は人気のある週末のお出かけ先です。東京やその周辺で暮らす人々がキャンプやハイキングを楽しみ、洞窟を探検し、そしてリバーラフティングを行う場所なのです。

 山間を流れる川はちょっとしたスリルを味わえる程度の流速はあるものの、十分安全で、多人数の団体でも余裕を持ってラフティングを楽しめます。ラフティング後は、魚を釣り、焼いて食べながら、キャンプファイアの周りでその日の冒険について語り合うこともできます。余力があれば、仕上げに、山のふるさと村という施設で木工細工やジャガイモの収穫を体験してみましょう。

 東京に行って現地で少し調べたり尋ねて回ったりすると、この都市がただの大都市ではないことが分かります。秋葉原探索は完遂必須の責務かもしれませんが、アドレナリンの奔出する感覚を味わいたい時にはいつもの行動圏をさらに広げる必要があります。騎乗の射手の観察や奥多摩でのラフティングなど、東京周辺にはスリル好きの旅行者を満足させる場所が豊富にあるのです。